Firefox Hacks Rebooted!

ー Mozilla テクノロジ徹底活用テクニック ー

サンプル Hack PDF

1章:Hack #8 Personasで実現する着せ替えブラウザ

1章では Firefox 標準の便利な機能、Firefox Home (iPhone アプリ)、Firefox Sync (ユーザデータ同期サービス) などについて解説しています。
サンプルの Hack 08 では、Personas と呼ばれる軽量テーマ機能を用いて、ブラウザの UI を簡単に着せ替える仕組みや、独自デザインのテーマを作ったり拡張機能を Personas に対応させる方法について解説しています。

2章:Hack #14 VimperatorとKeySnailの設計上の違い

Firefox のアドオンサイトでは完全レビュー済みに限っても 6000 以上の拡張機能が公開されていますが、中でも特に Vimperator や KeySnail はブラウジング環境を一変させる強力な拡張機能です。本書の 2 章は両アドオンの開発者自身が解説した Keyboard Browsing Hacks が中心となっています。
サンプルの Hack 14 では、Vimperator と KeySnail の設計思想の違いについてまとめています。それぞれの使い方については Hack 10〜13 で 32 ページに渡って詳説していますので、本書をご購入の上であなたの Firefox でお試しください。

3章:Hack #18 拡張機能の開発(基礎編)

3章では、従来とは異なるアプローチでより簡単に開発できるようになった Add-on SDK を使った拡張機能開発を基礎から丁寧にチュートリアルと API ガイドの形で解説しています。
サンプルの Hack 18 は Add-on SDK を使い簡単な拡張機能を開発するチュートリアルです。ユーザが範囲選択した英語の文字列を取得し、Google Translate API で日本語に翻訳したテキストに置き換える拡張機能の開発を通じて、Add-on SDK の基本を体験していただけます。

4章:Hack #34 e10sにおけるプロセス間通信の基本

4章では、3章で解説した Add-on SDK を使わない拡張機能や、Firefox 本体のような XUL アプリケーションの開発に役立つ情報を紹介しています。再起動不要な拡張機能の開発や非同期処理についてはもちろん、43 ページに渡って詳説した JSDeferred の活用についても必見です。
サンプルの Hack 34 では、Firefox 内部のプロセス間通信機能について基本的な仕組みから、実際に Chrome 領域のプロセスとコンテンツ領域のプロセスで相互に通信を行う手順について解説しています。

5章:Hack #55 コンテンツセキュリティポリシー

5章では、急速に発展し続けている Web 技術の中から、ECMAScript 5th や E4X などの高度な JavaScript 機能、Web Fonts、Canvas/SVG などによるアニメーションなど、いくつかの注目機能についてピックアップして詳説しています。
サンプルの Hack 55 では、同一生成元ポリシーに代わる新時代のセキュリティポリシーについて、Firefox での実装はもちろん最新仕様で追加や変更されているところや、実際のサイトへの導入に役立つポリシー違反レポート機能や CSP ブックマークレットまで紹介しています。

6章:Hack #60 js-ctypesとXPConnectの違いを理解する

最後の 6章では、Firefox の新しい開発プロセス、C言語ライブラリとの連携など、他の章には収まりきらなかった話題を扱っています。
サンプルの Hack 60 では、JavaScript からバイナリ形式のコンポーネントを呼び出す js-ctypes と、従来 C 言語で書かれた XPCOM コンポーネントとの橋渡しを行っていた XPConnect との違いについて解説しています。js-ctypes の具体的な活用例については続く Hack 61,62 で解説しています。本書をご購入の上でじっくりとお楽しみください。